電力自由化開始から2年で新電力への切り替えが10%(低圧)を突破!

るーぷでんきシェア

 

 

電力自由化がはじまったのは2016年4月

2018年3月には新電力への切り替えが10%(低圧)を突破!

 

件数的には約622万件が新電力を利用しているんですね。

 

2018年6月18日に経済産業省から
概要が発表されたので引用してみると

 

一般家庭向け(低圧)の旧一般電気事業者から新電力へのスイッチング件数については、平成28年4月の小売全面自由化以降、着実に増加し、本年3月に約622万件に達し、累計スイッチング率が件数ベースで10%を超えました。

なお、旧一般電気事業者内の規制料金から自由料金へのスイッチング(インターナル・スイッチング)を含めると16.2%となります。

 

引用元:経済産業省ニュースリリース
http://www.meti.go.jp/press/2018/06/20180618003/20180618003.html

 

新電力への切り替え件数の推移としては

 

 

新電力スイッチング推移

 

 

毎月右肩上がりに増えているんです。
徐々に新電力が浸透してきている結果でしょう。

 

地域ごとの切り替え率としては
  • 北海道・・10.0%
  • 東北・・4.4%
  • 東電PG・・13.9%
  • 中部・・7.5%
  • 北陸・・3.0%
  • 関西・・13.1%
  • 中国・・2.9%
  • 四国・・4.3%
  • 九州・・6.5%
  • 沖縄・0.0%

 

るーぷでんきエリア

 

北海道、東電PG、関西の切り替え率が高く
北陸と中国はそれほど切り替えが進んでいないようです。

 

平成30年3月時点の新電力上位20社(低圧)は

 

 

新電力上位20社

 

 

東京ガスや大阪瓦斯、KDDIが上位でそれぞれ10%越え
以下はそれほど変わりがないのでこれからに注目です。

 

るーぷでんきはシェア2%で順位的には12位ですが

上位3強以外はどんぐりの背比べですから

 

これからの施策で上位に上がってくる可能性は十分
より顧客ニーズにマッチしたサービスが望まれるところです。

 

電力自由化がはじまった当初は

 

「難しそう」「手続きの仕方がよくわからない」
「ホントに安くなるの?」「トラブルは大丈夫?」

 

などの声もありましたが、2年を経過して徐々に浸透

 

要は今までと使い勝手が変わらず
電気代が安くなればこれは得ですから(笑)

 

新電力へのスイッチングを考えているお宅や
事業所、お店が増えてきているということでしょう。

 

るーぷでんき切り替え

るーぷでんきは基本料金がずーっと0円
使った電気の分だけ支払えばよいシステムですから

 

まず最初にお宅の電気代のシュミレーションからはじめてみましょう!